森の畑

森の畑

SPOT おすすめ観光スポット

臥竜公園 夜桜[須坂市]

湖面に映る夜桜が神秘的な美しさ。桜の季節の臥竜公園は、一度は行ってみてほしい景色です。
臥竜公園(がりゅうこうえん)は、長野県須坂市臥竜にある公園で、日本さくら名所100選、日本の名松100選、長野の自然100選に選定されている。竜ヶ池の周りにはソメイヨシノを中心に150本、公園全体で約800本の桜が楽しめ、竜ヶ池の水面に映る桜や夜桜も知られている(見頃は4月中旬から下旬頃)。他にもアヤメ・フジ・ツツジ・アジサイが咲き競い、竜ヶ池周辺の茶店は、風情有る面影を残しており、「黒いおでん」、「団子」は名物となっている。また、近くの興国寺には臥竜梅(須坂市の天然記念物)がある。 娘の親である長者に、結婚を阻まれた若者は竜となり暴れるが、その姿を見た娘が悲しんだため、竜は静かに臥した。それが臥竜山だという昔話がある。 臥竜山には古墳、須田城跡、須坂藩主だった堀家の霊廟があり、臥竜山をめぐるウォーキングコースも整備されている。 1931年に築造された公園の設計者は、明治神宮や日比谷公園などを設計した日本最初の林学博士の本多静六(1866 – 1952)で、市営の博物館、動物園、水族館などの施設を備えており、春の花、夏の風、秋の紅葉、冬の雪景色と、一年を通じて憩える公園として使われている。 (出典:ウィキペディア)