森の畑

森の畑

COMPANY 運営会社

GREETING 社長あいさつ

夕暮れ時、畑にふりそそぐ光を見ていると谷川俊太郎さんの詩が浮ぶ。
「さよなら おひさま ちょっとさびしい でもまたあえるね」
人の心の中には自然にしか癒されない部分があるのだろう。
自分が、大きくて豊かな自然の中のごく小さな一部だと実感したときに、
すっと謙虚になれる瞬間がある、解き放たれる何かがある。

淡々とした農作業は自分自身との対話、執着を捨てあわただしい暮らしから離れたとき、
時間に追い抜かれ、時間の後姿を眺めるという贅沢をえる。
五十歳から七十五歳までの二十五年間、後半生こそ人間が真に人間らしく、
みずからの生き甲斐を求めて生きる季節ではないのかという五木寛之さんの「林住期」を思う。
青く輝く春、「青春」に対し、赤く燃える秋、「赤秋」がある。
なんとすばらしい言葉だろう。

楽しいことも嬉しいこともしんどいことも自然に寄り添うところから生まれるのが農業。
教わったり励まされたりするのも畑の植物と、人間の力ではあらがえない大きな自然の営みから。
花があるところに蜂が集まり、夢があるところに人は集まる。
人が集まり人の生活があるところに文化が生まれる。
フランスのシャトーのように、畑をとおして生まれてくる人と人との豊かな関係、そこにある確かな真実、
畑は何百年も続かなければいけないことを人々は知っている。
アグリ・カルチャー(Agri-culture)まさに農業は「畑の文化」ということを実感する。

「大切なものは目に見えない」ということば、
フランス人作家サン=テグジュペリの「星の王子様」の一節である。
人と人との豊かな関係(絆)こそ、彼が伝えたかったこと。
夕暮れ時、ふとたたずんで、 百年あとに、
この畑をとおして人と人との豊かな関係と文化が生まれていることを願う。

COMPANY'S PROFILE 会社概要

会社名 農業生産法人 株式会社 未来農業計画
事業目的 農業経営、農産物の生産、加工、販売、観光農園の運営
設立 平成19年2月14日 (2007.2.14)
代表取締役 代表取締役社長 松田 淳(あつし)
所在地 <本社>
〒380-0813
長野県長野市緑町1418
TEL:026-237-7110  FAX:026-237-7115
資本金 1000万円

大きな地図でみる

本社

〒380-0813
長野県長野市緑町1418
TEL:026-237-7110
FAX:026-237-7115

大きな地図でみる

ブルーベリー農園 森の畑
【SHOP/摘み取り園】

〒382-0056
長野県須坂市福島町311
須坂長野東インターから長野市街地に350mです。

大きな地図でみる

山の農園
【栽培のみ】

〒381-0081
長野県長野市大字三才1650
しなの鉄道北しなの線三才駅より、北部スポーツ・レクリエーションパーク方面へ車で3分。長野駅より車で25分

HISTORY 沿革

2006年 12月 ブラック・ラズベリー(覆盆子)苗 輸入 〔横浜植物検疫所〕で検疫検査開始

2007年  2月 株式会社 未来農業計画  設立

3月 園芸ハウス賃貸 (須坂市福島)

4月 ブルーベリー苗 2, 500株 導入

12月 ブラック・ラズベリー(覆盆子)苗  入手 〔横浜植物検疫所〕の検疫検査通過

2008年  3月 町の圃場整備  1.2ha (須坂市福島)

5月 ブルーベリー苗 2,500株 導入

2009年  4月 ブルーベリー苗   600株 導入

2010年  7月 ブルーベリー摘み取り園 プレ・オープン

9月 認定農業者資格 取得 (長野市、須坂市)

2011年  3月 吉Y圃場整備  0.2ha (長野市吉)

7月 ブルーベリー摘み取り園 オープン

12月 食品加工業許可 取得 「かん詰またはびん詰食品製造業」、「アイスクリー類製造業」

2012年  2月 6次産業化事業認定取得 (第3回 募集)

3月 吉M圃場整備  0.3ha (長野市吉)

育苗ハウス・加工所 新築 (須坂市福島)

8月 6次産業化ソフト事業参加(24年度) 新商品開発と販路開拓

2013年  4月 モンドセレクション受賞 (初受賞)

9月 6次産業化ソフト事業参加(25年度) 新商品開発と販路開拓

6次産業化ハード事業参加(25年度) 直売所整備

3月 直売所 新築 (須坂市福島)

2014年  4月 山の圃場整備  2.0ha (長野市三才大久保)

7月 直売所SHOP オープン

2015年 12月 酒類販売業免許 取得

2016年 12月 山の圃場整備  2.0ha (長野市三才両堰)